トイレのあれこれ

日本のトイレあれこれ

海外を経験してきた人は、必ず「日本ほど清潔な国は無い」と言います。 それは、道路や施設はもちろんですが、トイレにでさえいえる事です。 日本のトイレは、清潔で異臭も少なくて、海外から来た人が感動するほどです。最近、少し潔癖に近づきすぎていると危惧されるほどの綺麗ぶりです。 国民性にももちろんあるのでしょう。 自分が使用して汚した時は、綺麗にして後の人に気持ちよく使ってもらう。と言ったことを家庭や学校で教える国民性だからです。

そして、トイレだけでなくその周辺の用具、例えばトイレットペーパーでも日本製ほど品質が良いものはありません。 ペーパーに関して言えば、アメリカなどではカラフルなものが多く、日本製のより巻きが多いのが特徴です。 日本は、デザイン性よりも手触りが良く、浸水性が良いものが好まれます。 香り付きの物や、トイレットペーパーの芯の部分が無いエコ商品もあります。 また、トイレ自体、抗菌・防汚・脱臭機能やウォッシュレットに代表される温水便座機能などがついていて、今では節電・節水が当たり前のエコな商品が多くなってきています。 最新モデルでは、トイレの洗浄水が、電気分解された除菌水であったりします。 日本のトイレは綺麗で何よりです。